車検切れには気を付けよう

車検切れになると後々面倒です。なので車検切れには注意をしましょう。 - 車検とは何なのでしょうか

新着情報

●2015/08/10
車検とは何なのでしょうかの情報を更新しました。
●2015/08/03
ガソリンスタンド車検のメリットとデメリットの情報を更新しました。
●2015/08/03
ユーザー車検で必要になる書類一式とはの情報を更新しました。
●2015/08/03
ユーザー車検のメリットとデメリットの情報を更新しました。
●2015/08/03
車検の前には必ず洗車をしておこうの情報を更新しました。

車検とは何なのでしょうか

自動車を所有していると必ず数年に1度は車検と言う物を経験しなければなりません。
車検とは一体どのような意味を持ち、どのような物なのでしょうか。

■車検とは

車検とは自分が所有している自動車が安全で公害の少ない交通社会に影響を与えない為に、法律で一定の安全基準を定めた検査の1つです。
所有している自動車が安全な状態で走行する事が出来るか、公害の原因となるような物はないかを主に検査するもので、通常は2年に1回、新車の場合は最初の車検のみ3年に1回受けなければならない検査です。
車検を通さない自動車は法律で公道を走る事は禁じられており、万一車検が切れた状態で公道を走った場合にはそれなりの罰則が適用される事になっています。

■車検はいつから受ける事が出来るのでしょうか

車検は、車検の満了日の1か月前から受ける事が出来ます。
例えば車検が今年の12月となっている場合には、11月のうちから車検を受ける事が出来ると言う訳です。
自分の自動車が車検を受けるにあたり、数日は自分の自動車に乗る事が出来ない為、余裕をもって車検の予定を立てる必要が出てきます。
通常は、数日で車検は終わりますが、修理箇所が見つかった場合等は1日か2日程長引く事があります。
車検は安全に公道を走れると言う認定を受けるための検査です。
自分の所有する自動車にとって大切な検査ですので、忘れることなく、期限内に必ず受けるようにする事が義務付けられているものです。
車検が切れてしまうとどうなるのでしょうか。
一般的には公道を走る事が出来ないと言う事は知られていますが、その他の罰則等はどのようになっているのでしょう。
車検のある自動車との区別などは出来るのでしょうか。

■車検が切れてしまった自動車は見た目で分かる

htrs
車検が切れた自動車は、ナンバープレートを見ればすぐに分かります。
ナンバープレートに斜めに赤い線が引かれるのです。
これは、車検が切れてしまった自動車に対して発行される仮ナンバーと言うもので、法律で認められたナンバープレートなのです。

■車検が切れた場合の罰則

車検が切れている事に気づかずに公道を走行してしまうと、無車検車運行と言う違反になります。
違反点数6点、罰則が6か月以下の懲役、または30万円以下の罰金となっています。
更に、自賠責保険も同時に切れているケースでは、無保険車運行と言う違反も重なり、違反点数6点、罰則が12か月以下の懲役、または50万円以下の罰金となっています。
車検も自賠責保険もほぼ同時に取得する事が多いので、同時に有効期間が切れる可能性があります。
この状態で、公道を走行してしまうと2つの違反で違反点数12点となり、免許取り上げになってしまうのです。
更に、運が悪く車検も自賠責保険も切れた状態で走行している時に事故等を起こしてしまった場合には実刑になる可能性もあると言われています。
悪質な場合でなくとも、車検や自賠責保険については、定期的に有効期間のチェックをする事が大切になります。
もし車検が切れてしまったら、車検切れでも大丈夫!クリック車検にお任せ下さい。クリック車検なら安心して車検を受けることができます。

Copyright(C)2015 車検切れには気を付けよう All Rights Reserved.